自分の願望と現実のギャップが苦しめるのは?

「自分は、自分、他の誰でもない」と言ってみても、「もう少し、何かできるはず」だとか、自分はダメだなあ」とか、いろいろな想いが駆け巡りますね。

現状がどうであるかを観察して受け止めることは、大切ですね。

また、自分の成長の余地や可能性を探ることも大切です。

しかし、年齢や環境などを考えると理想と現実のギャップに苦しむこともありますね。

そこなのです。

理想と現実にはギャップが付き物なのです。

これを受け容れることができると苦しまなくても良いのです。

しかし、多くのケースの場合、そのギャップを、「何でこんなことになったんだ」と頭を抱える材料として使ってしまうのですね。

深い溝やデコボコは当たり前というふうに考えると、見え方が歪であっても、違和感を持たずに過ごせるかも知れませんね。