飼育員 黒鳥(コック長ではないけど)さん

何らかの意味があって、結果的にお魚さんにもエサが届いているのでしょうね。

人間的に見ると、まるで、黒鳥が魚にえさやりをしているようにも見えてしまうのですね。

人間は、糧のために家畜を飼うという習慣がありますから、エサをあげるにしても、「たくさん食べて美味しく育ってね」という気持ちもあるかも知れませんね。

共生すると言うことを考えさせられる動画ですね。

日常の中で、自分が、黒鳥なのかお魚なのかも考えてみると何かの気づきになるかも知れませんね。