神はいないと主張する人ほど、神の話をしている人はいない

『神はいないと主張する人ほど、神の話をしている人はいない(世界の名言名句1001 p520)』

無神論者は、兎に角、神の存在を否定します。

その激しさの余り、「神」を連呼するようになってしまうのですね。

ヘイウッド・ヘイル・ブルーンによると、「神の考えは柔軟で、払いのけるのは容易ではない」というニュアンスの表現をしている。

1930年代にアメリカで増加した無神論者に対して、週間タブロイド紙「ブルーンのナツメグ」に記した言葉です。

別な例えで言うと、巨人ファンは、応援している人に限らず、アンチも含むという考え方もありますね。

神を信じる人も神を信じたくない人も、共通項は「神に関心がある」ということになるのですね。

創造主である神の寛容は、全人類の救いを備えながらも、一人一人も自由意志に任しておられるということですね。

あなたは、どうなさいますか?