見つからないのは愛の表現 太宰治

アイノカタチ, 太宰治, 愛のしるし

『愛は、この世に存在する。きっと、在る。見つからぬのは、愛の表現である。その作法である。 太宰治』

人生は愛に包まれているはずなのに、その愛を実感できない人が多いですね。

それもそのはず、太宰治は、愛の表現と作法が見つからないと考えていたようです。

「アイノカタチ(MISIA)」と言う曲があります。

その歌詞は、自分の胸の隙間をうめるピッタリとした、自分に合う愛のピースを捜しているように聞こえるので、多くの人の共感を得ているのでしょうね。

確かに、「愛はある」のですが、「どれが自分のためなのか?」わからないということでしょうね。

相手を思いやる秘めた愛は、自分だけの宝物ですから、影響範囲は最低限です。

しかし、自分が「相手のために」と考えても、相手が受け容れ難いような表現や作法では、困惑や迷惑になりかねません。

また、相手の欲求やニーズを満たすことだけが愛でも無いようにも感じます。

たとえ親子のような近しい関係であっても、別人格ですから、適度な距離感が必要です。

また、愛が成立するためには、当事者間で互いの同意が前提条件になりますね。

私がもう一つ大切だと感じているのは、愛を素直に受け取る作法です。

変なプライドや照れが邪魔をして、相手の気持ちをはぐらかしてしまうことがあるとすれば、非常にもったいない話です。

相手と同じ目線、それよりも下で、「有難う」と受け取ってみると、幸福感が倍増することでしょう。

愛に包まれていることを実感していきたいですね。