セラピー, フレーズ, マナー

自分の周囲と共有しておきたいモノは色々ありますね。

ギリシャの移籍に刻まれた文字に「今の若者は」というものが発見されたと聞きました。

いつの時代にも、世代間のギャップは付き物なのだろうなと感じますね。

セラピー, マナー

人間は、経験値という自分なりの「ものさし」をつくりながら生きています。

無意識ですが、年収や住居環境の影響をドップリ受けてしまいます。

その生活、そのモノが、自分の当たり前の日常を積み上げていくからです。

セラピー

人間は、多くの場合、ハイハイができただけでも、はじめて立った時でも、はじめて歩いた時でも、褒めてもらえます。

しかし、できるのが当たり前になると、誰も褒めてくれなくなります。

もちろん、褒められるために、成長し ...

セラピー, 聖書(バイブル)

『天の御国は、自分のぶどう園で働く者を雇うために朝早く出かけた、家の主人のようなものです。彼は労働者たちと一日一デナリの約束をすると、彼らをぶどう園に送った。彼はまた、九時ごろ出て行き、別の人たちが市場で何もしないで立っているのを見た ...

セラピー, 動画

ワンちゃんの寝起きドッキリという感じの動画ですね。

大きなアクビに、ネムネムとお手々で、目をこする姿は可愛いですね。

ついつい、見入ってしまいます。

最近の動物は、お腹をうえにして、大胆に寝るのです ...

セラピー, フレーズ

「それそれ、それが、知りたかった」という時、それに出会えたという喜びが伝わって来ます。

共感性には、視点や目線の位置が重要のようです。

同じような感性がある人と思えば、つきあいも気楽になれるという要素もあります ...

セラピー, フレーズ

「あらゆるコミュニティには、排除の論理がまかり通っていると感じる」と耳にすることがあります。

社会は、多様性で満ちているのですが、その縮図は、乗り合いバスではないかという例え方をするケースもあります。

乗り合い ...

フレーズ, マナー

元号や西暦は、今を知るための一つの物差しなのでしょうね。

元号は日本の場合、AD645年の「大化」から用いられだしたそうです。

それが、明治以後「一世一元の制」になり、天皇陛下が変わると改元するということと、太 ...

セラピー, フレーズ

「幸福とは?」という問いは、至る所で提起されています。

三木清は「人生論ノート」の中で、「機嫌がよいこと」が、幸福が外に現れる筆頭であると挙げています。

幸福には、カタチがあるものではありませんから、それが、外 ...

セラピー, フレーズ, 聖書(バイブル)

『しかし、満ち足りる心を伴う敬虔こそが、大きな利益を得る道です。私たちは、何もこの世に持って来なかったし、また、何かを持って出ることもできません。衣食があれば、それで満足すべきです。金持ちになりたがる人たちは、誘惑と罠と、また人を滅び ...