未分類

『善行は悪行と同じように、人の憎悪を招くものである。(君主論…マキャベリ)』

目立たないように生きていきたいと感じるのは、これも理由にあるかもしれませんね。

人間には、良いことをしたいという欲求があっても、なる ...

未分類

『クマ、石。(猟師の肉は腐らない…小泉武夫著)』

イノシシ相手には、非常に勇敢な猟師の忠犬クマは、マムシが大の苦手で、それに気づいた飼い主が、止まるように指示を出すのが、冒頭の言葉です。

「石」というのは、「ジ ...

未分類

「私は(I)このように感じる。」

「私は(I)このようになった方が嬉しい。」

などという、Iメッセージも歪んで相手に伝わってしまうことがあります。

Iメッセージには、私(I)に主権がありますから、口 ...

未分類

『彼らは七日七晩、ヨブと共に地面に座っていたが、その激しい苦痛を見ると、話しかけることもできなかった。(ヨブ2:13新共同訳)』

苦難の最中にいる友人のために駆けつけるゆとりのある人達だったのですね。

一週間も ...

未分類

『川はみな、海に流れ入る、しかし海は満ちることがない。川はその出てきた所にまた帰って行く。(伝1:7口語訳)』

この箇所を見るたびに、鴨長明の方丈記を思い出します。

水の流れは、潤いであり、浄化であり、循環その ...

未分類

空手の板割りを伝授している光景です。

先生がお手本を見せているのですが、動作は真似が出来ても、板割りができないという、珍妙な現象が起きています。

小さな女の子も一所懸命なので、「頑張れー」と応援したくなりますね ...

未分類

理解をするというのは「Under-stand」ですが、相手の下に立つというワードが使われています。

つまり、相手を理解するためには、「謙遜」が大切であり、意識を相手よりも下に置くことが不可欠なのですね。

対等な ...

未分類

『自分の後ろ姿は自分じゃ見えねんだなあ(生きていてよかった…相田みつを)』

「人間だもの」などで、超有名な相田みつをさんですね。

ハッとして、セルフリフレーミングができるフレーズですね。

「頭隠して ...

未分類

「猟師の肉は腐らない(小泉武夫著)」の中で紹介されていたイノシシ肉の保存方法が気になりましたので取り上げました。

イノシシを捕獲したら、血を抜いて、肉を切り分けて、塩をつけて縄できつく縛り、囲炉裏の上にかけておくのだそうで ...

未分類

「三顧の礼を尽くす」は、「優秀な人を自分のもとに引き寄せること」です。よく似た言い回しとして「最大限の敬意を払って」というものもあります。

一方、「崇拝する」というのは「あがめうやまうこと。信仰すること。」です。これには、 ...