未分類

今ならば、将棋の頂上決戦に、多くの人が熱視線を送っているようです。

でも、将棋が好きであれば、目の前の相手に向かい、楽しめれば満足なはずですね。

山登りを考えてみると、頂上に登り詰めていけば行くほど、スペースも ...

未分類

『【主】はモーセに言われた。「あなたがエジプトに帰ったら、わたしがあなたの手に授けたすべての不思議を心に留め、それをファラオの前で行え。しかし、わたしが彼の心を頑なにするので、彼は民を去らせない。そのとき、あなたはファラオに言わなけれ ...

未分類

誰にでも得手不得手があるものです。

このワンちゃんは、フローリングが、大のつく苦手のようです。

でも、自ら編み出した方法で、その難局を見事に乗り切っています。

やはり、ワンちゃんは賢いのでしょうかね ...

未分類

『逆境が人格を作る。 トルストイ』

ゴルフでは、アゲインスト(逆風)やフォロー(順風)と言われますが、実は、和製英語らしいですね。

アジア・ヨーロッパでは、向かい風を(Head wind)と言ったり、追い風を( ...

未分類

「百日草というお花のタネをいただいたので、鉢に蒔いてみた」と言うのですが、その成長の格差には驚きました。

一番はやく花を咲かせた株があるのに、成長がゆっくりな株は、葉も僅かで背も低い状態です。

土の中は、見えな ...

未分類

『にわかに起こる恐怖に、悪しき者たちの来襲に、おびえるな。【主】があなたの頼みであり、足が罠にかからないように、守ってくださるから。(箴言3:25-26)』

世の中は、何かと不安をかき立てる要素に満ちあふれています。

未分類

『人は常に機会を待てども機会は遂に人を待たず 斎藤緑雨』

鴨長明の「方丈記」をイメージするようなフレーズですね。

タイミングを計ることにも、得手不得手があるように思います。集団縄跳びの競技を見ていると、その流れ ...

未分類

人間などの生き物が共存するところには、絶対に「権力の調整」が起き続けています。

それは、「自分がどの位置にいるのが心地よいのか」で、探り続けているのだと考えています。

そのグループで、トップでありたいと欲してい ...

未分類

『そこでモーセは行って、しゅうとイテロのもとに帰り、彼に言った。「どうか私をエジプトにいる同胞のもとに帰らせ、彼らがまだ生きながらえているかどうか、見させてください。」イテロはモーセに言った。「安心して行きなさい。」
【主】は ...

未分類

衝撃的な結末です。

スマホ(携帯電話)は、今の持ち物の中で、失いたくないモノの上位に入るのではないでしょうか?

それは大変便利で、もしかしたら、財布よりも、パートナーよりも自分のコトを記録しているモノかも知れま ...