セラピー, フレーズ

『勝利した時より、敗北した時の方が、はるかに多くのことを学べる(世界の名言名句1001よりp592)』

勝利という響きは肯定的に、敗北という響きは否定的に感じてしまいますね。

「勝った」ということは素直に喜ぶの ...

セラピー, フレーズ

「降りかかる火の粉を振り払う」ように、周囲からの投げかけに機敏に反応される方も多いと思います。

時と場合によっては、素早い対応が功を奏しますね。

しかし、蚊を叩いてやっつけるかのような反応は、周囲の好感を持たれ ...

セラピー, フレーズ, 真の平安を得る道, 聖書(バイブル)

『週の初めの日の明け方早く、彼女たちは準備しておいた香料を持って墓に来た。見ると、石が墓からわきに転がされていた。そこで中に入ると、主イエスのからだは見当たらなかった。そのため途方に暮れていると、見よ、まばゆいばかりの衣を着た人が二人 ...

セラピー, 動画

ノートパソコンのキーボード上の攻防です。

仕事をしたい飼い主と遊んで欲しい子犬ちゃん

それぞれの思惑が交錯します。

飼い主が、キーボード上に手を置くとすかさず、その手を止めるカワイイお手々が出てくる ...

セラピー, フレーズ

生産性から離れられるかどうかも、自立には関係してくるようです。

どうしても、何かできるとか、何ができないとかに影響を受けてしまいますが、本来の自立には直接的には関係ないのですね。

「知らない」といえない大人とい ...

セラピー, フレーズ, 聖書(バイブル)

『ユダヤ人の作り話や、真理に背を向けている人たちの戒めに、心を奪われないようにさせなさい。きよい人たちには、すべてのものがきよいのです。しかし、汚れた不信仰な人たちには、何一つきよいものはなく、その知性も良心も汚れています。彼らは、神 ...

セラピー, フレーズ

ある夫婦が外出をしていて、いつの間にか、夕方になりました。

すると、妻が突然「もうろくじー」と叫んだのです。

隣にいた夫は、「誰が耄碌爺(もうろくじい)なんだ」と怒りました。

ハッと我に返った妻は、 ...

セラピー, フレーズ

『教師は扉を開いてくれるが中に入るのはあなた自身だ(世界の名言名句1001よりp583)』

ピーター・ベイレンソンの「中国古来の格言」の中に記されていた一文だそうです。

「馬を水辺に連れて行くことはできるが、水 ...

セラピー, フレーズ

「あの時のあの失敗がすべてのはじまりだった」

などと、後悔ばかりに取り憑かれることもありますよね。

印象深い出来事であれば当然ですね。

「今日の栄養は、数ヶ月後に身体になる」とも言われています。

セラピー, フレーズ, 聖書(バイブル)

『「これはユダヤ人の王」と書いた札も、イエスの頭の上に掲げてあった。十字架にかけられていた犯罪人の一人は、イエスをののしり、「おまえはキリストではないか。自分とおれたちを救え」と言った。すると、もう一人が彼をたしなめて言った。「おまえ ...