未分類

『23 しかし、重大な傷害があれば、いのちにはいのちを、24 目には目を、歯には歯を、手には手を、足には足を、25 火傷には火傷を、傷には傷を、打ち傷には打ち傷をもって償わなければならない。26 人が自分の男奴隷の片目あるいは女奴隷の ...

未分類

正体不明の感染症の影響で、リモート習慣が広がり、人とのぶつかり合いも減ったと安堵する声と、人と接する機会が減った寂しさを訴える声の両方を耳にするようになりました。

人と人の関わりは、どうしても摩擦が付き物です。

未分類

『4 しかし、私たちの救い主である神のいつくしみと人に対する愛が現れたとき、5 神は、私たちが行った義のわざによってではなく、ご自分のあわれみによって、聖霊による再生と刷新の洗いをもって、私たちを救ってくださいました。6 神はこの聖霊 ...

未分類

平屋は憧れだと聞いたことがあります。

敷地が十分にあれば、二階や三階にしなくても良いからだと、その理由を教えてくれました。

私は、平屋で育ちましたが、それは、豪邸ではなく、バラック建てでした。

階段 ...

未分類

『好運がもたらす富や順境は、素直に受け入れよ。ただしそれを手放すときはしぶるな。 アウレリウス』

お金との付き合い方が、難しい時代になってきたと感じている人が多いのではないでしょうか?

近年、為替相場が激しく変 ...

未分類

人間にとって、気持ちよくなるのは簡単だそうです。

その一つは、祭り囃子のシンプルなフレーズで、くり返し「ドン・ド・ド・ドン」と奏でれば、各自が適当な振りで踊り出すと言うのです。

日本のバブル絶頂の頃は、ディスコ ...

未分類

『20 大酒飲みや、肉を貪り食う者と交わるな。21 大酒飲みや、貪り食う者は貧しくなり、惰眠を貪る者はぼろをまとうようになるからだ。(箴言23:20-21新改訳2017)』
『29 嘆く者はだれか。悲嘆の中にある者はだれか。争 ...

未分類

『気にする必要もなく、忘れてもよい小事で心を乱してはならない。 「小事にこだわるには人生はあまりにも短い」。人生のくだらないことのために自分の幸福を台無しにするな。 デール・カーネギー』

うつ傾向で落ち込んだときに、孤立感 ...

未分類

「グローバリスト」と「ローカリスト」は常に対立しているイメージがあります。

ローカリストは、自分たちの居場所をキープできれば、穏やかで居られるのが原則です。

どちらかと言えば、グローバリストが動けば、ローカリス ...

未分類

『11 しかしキリストは、すでに実現したすばらしい事柄の大祭司として来られ、人の手で造った物でない、すなわち、この被造世界の物でない、もっと偉大な、もっと完全な幕屋を通り、12 また、雄やぎと子牛の血によってではなく、ご自分の血によっ ...