周囲を観察するヒケツ

自分の周囲には何が起きているのか?

気になる度合いには、非常に大きい個人差がありますね。

実際には、記録しきれないほどの出来事が起きているのですが、一人一人の判断で、関わる関わらないなどしているのですね。

多くの出来事の中で、自分に直接関わることだけ、関わっているというイメージでしょうね。

行列に並ぶとか、待合室で、順番待ちするなどのケースを考えるとしましょう。

記憶の達人は、映画を見るように周囲を見ているといいます。

これは、マネができない人もいるでしょうが、自然とそのようにしているとかもいそうですね。

映画を見るという客観性の取り方が絶妙のようにも感じます。

家の中のできごとも、そのような視点で見る時間を設ければ、客観性がでてくるかも知れませんね。

家庭の中の場合、利害関係が大きいですから、そこまでの心のゆとりは難しいかも知れませんが、客観性を持つための自分なりの方法が見つかると良いですね。