本末転倒な行動をしてしまう。

「ポイントのためのお買い物」なんてしていませんか?

「そんなこと」って思う人でも、結構、不合理的なことをしているのかもしれないですね。

ポイントシステムは、運営サイドには、結構な管理コストがかかります。

でも、ポイントに期限を定めることで、執行したポイント分は、運営者の利益確定になるようです。

一方、「期限ですよ」とお知らせして、ポイントが消費される以上のお買い物が発生すると、ここでも、利益ゲットとなるわけです。

ポイントシステムは、お客様の心理がどういうモノかを分かった上で運営されているのですね。

でも、経営者の中には、ポイントシステムの運営費用をお客様に還元できると考える人もいますね。

考え方は、十人十色、それぞれに共感するお客様が集まるのですね。

財布が分厚くなってしまうのは、中味のお札ではなくて、お店ごとのポイントカードなんてこともありますから、ポイントカードも厳選したいですね。

「やぶ蛇」なんてことばもありますので、コンビニに通うこと自体がそれかもしれないですね。

世の中、必要なモノだけの流通では成り立たないようですので、たまには、お財布と相談して、ぱあっとお買い物するのも、社会貢献なのでしょうけどね。