問題山積を認識すること

「私には問題が一切ない、ノンプロブレムだ」

なんて、言っている人もいるでしょうけど、本当のところはどうなのでしょうね。

一方、自分の問題でもないのに、誰かの代わりに背負い込んでしまって、「大変だあ」と大騒ぎしている人もいますね。

実際は、様々な問題に囲まれて生きているのが人だと考えています。

ですから、「全く問題はない」という人は、余程の超越者か?鈍感力に長けた人ですね。

また、問題だけに気を取られていると、エネルギーを吸い取られるか、その問題にぶつかってしまいますね。

大切なのは、どのような問題があるのか認識することですね。

そして、その問題に対して、自分がそのようなスタンスで望むのかを決め、臨機応変に対応することなのですね。

この問題が片づいたら、などと考えるコトもありますが、その思考が次の行動を縛るコトになりかねないケースが多いので、それに囚われすぎないことも大切ですね。

「問題という座布団の上にドッシリとあぐらをかいて…」との人生の達人もいます。

ある問題をないことにしないで、等身大で向き合い、適度なお付き合いがコツのようですね。