未分類

物忘れがだんだん増えてくると、「誰がこんなことをしたのだろう?」などというケースが増えてくるようですね。

本当は、自分でやりかけた事なのに、中途半端にしてしまって、それを忘れてそのように思うこともあるのですね。

未分類

『人の望むものは、人の変わらぬ愛である。貧しい人は、まやかしを言う者にまさる。(箴言19:22新改訳第3版)』

英語聖書キングジェームス版(KJV)が参照する系統のヘブル語和訳は、上記にようなフレーズになっています。

未分類

『人というものはな、おのれの長所を隠すことをくふうしなければいかぬのよ。それでないと、おまえは自分の長所のために身を滅ぼすことになろう。 池波正太郎』

「戦国と幕末」の中で記されたこのフレーズですが、自己アピールを工夫する ...

未分類

「大丈夫」と繰り返し自分に言い聞かせていた時期があります。

どうしてかというと、不安が優位で、「大丈夫じゃなかった」からです。

自分にとって「大丈夫」である根拠をイメージしながら、繰り返し「大丈夫」を繰り返すこ ...

未分類

『モーセは神に尋ねた。「わたしは、今、イスラエルの人々のところへ参ります。彼らに、『あなたたちの先祖の神が、わたしをここに遣わされたのです』と言えば、彼らは、『その名は一体何か』と問うにちがいありません。彼らに何と答えるべきでしょうか ...

未分類

感染症対策で世の中大騒ぎになり、その渦に巻き込まれている方々に、心からの労いをおくりたいです。

特に、医療関係者の方々には、家族との分離を余儀なくされて、小さな子がいる人にとっては、双方にとって寂しい日々であろうと想像して ...

未分類

『花が花の本性を現じたる時、最も美なるが如く、人間が人間の本性を現じたる時は美の頂上に達するのである。 西田幾太郎』

「花の本性」は、表面上は花が美しく咲いていて、人の目にとまり癒やしを与えたり、鳥や虫には、蜜を提供したり ...

未分類

「うわー最悪だあ」と感じることもありますね。

自分にとっては、求めていた成果は得られず、むしろ懸念していた結果になかったのですから、ショックは大きいでしょう。

でも、その様なときこそチャンスかも知れませんよ。

未分類

『望みのあるうちに息子を諭せ。死なせることを目指してはならない。(箴言19:18新共同訳)』

子に期待したいのが親心ですね。

最近は、熱心すぎるあまりに虐待されたり、命を落とすことになったりという、怒りのやり場 ...

未分類

『人間はみんな、いつ刑が執行されるかわからない、猶予づきの死刑囚なのだ。 ビクトル・ユーゴー』

人間は致死率100%と言われます。

人間が与えられている肉体的生命は長くて100年、それ以上の方も居ますが、研究者 ...