セラピー, フレーズ, 聖書(バイブル)

『ヤコブはベエル・シェバを立ってハランへ向かった。とある場所に来たとき、日が沈んだので、そこで一夜を過ごすことにした。ヤコブはその場所にあった石を一つ取って枕にして、その場所に横たわった。すると、彼は夢を見た。先端が天まで達する階段が ...

セラピー, フレーズ

「あの人は頑固者でテコでも動かない」などと言われるほど、頑固一徹な人もいます。

でも、そのような人でも、年齢を重ね、変化していくのですね。

一方、「美魔女」とか「万年青年」などと、年齢よりも遙かに若く見える人が ...

セラピー, フレーズ, 真の平安を得る道, 聖書(バイブル)

トゥルニエの指摘
われわれの(信仰、あるいは宗教心の)ルーツを再び見出すためには、金持ちとか、学者とか、権力者ではなく、貧しい人たち、「ヤーウェの貧しい人々」のところに行かなければならない。(中略)神の貧しい人とは、力に対して ...

セラピー, フレーズ, マナー

自分の周囲と共有しておきたいモノは色々ありますね。

ギリシャの移籍に刻まれた文字に「今の若者は」というものが発見されたと聞きました。

いつの時代にも、世代間のギャップは付き物なのだろうなと感じますね。

セラピー, フレーズ

「それそれ、それが、知りたかった」という時、それに出会えたという喜びが伝わって来ます。

共感性には、視点や目線の位置が重要のようです。

同じような感性がある人と思えば、つきあいも気楽になれるという要素もあります ...

セラピー, フレーズ

「あらゆるコミュニティには、排除の論理がまかり通っていると感じる」と耳にすることがあります。

社会は、多様性で満ちているのですが、その縮図は、乗り合いバスではないかという例え方をするケースもあります。

乗り合い ...

フレーズ, マナー

元号や西暦は、今を知るための一つの物差しなのでしょうね。

元号は日本の場合、AD645年の「大化」から用いられだしたそうです。

それが、明治以後「一世一元の制」になり、天皇陛下が変わると改元するということと、太 ...

セラピー, フレーズ

「幸福とは?」という問いは、至る所で提起されています。

三木清は「人生論ノート」の中で、「機嫌がよいこと」が、幸福が外に現れる筆頭であると挙げています。

幸福には、カタチがあるものではありませんから、それが、外 ...

セラピー, フレーズ, 聖書(バイブル)

『しかし、満ち足りる心を伴う敬虔こそが、大きな利益を得る道です。私たちは、何もこの世に持って来なかったし、また、何かを持って出ることもできません。衣食があれば、それで満足すべきです。金持ちになりたがる人たちは、誘惑と罠と、また人を滅び ...

セラピー, フレーズ, マナー, 聖書(バイブル)

『違ったことを教え、私たちの主イエス・キリストの健全なことばと、敬虔にかなう教えに同意しない者がいるなら、その人は高慢になっていて、何一つ理解しておらず、議論やことばの争いをする病気にかかっているのです。そこから、ねたみ、争い、ののし ...